ロボットコントローラ接続
 
GP4000シリーズと東芝機械株式会社製ロボットコントローラTS3000/TSL3000/TS3100を接続することで、タッチパネルからの基本操作など、その他多くの機能が使用できます。
 
ロボットコントローラ
 
対応機種
東芝機械株式会社 ロボットコントローラ TS3000/TSL3000/TS3100
 
特長
  コントローラのステータスが簡単に確認できます。
  ロボットとTcminiとの信号のやり取りの状態(インターフェースリレーの状態)を一括モニタリングします。ビットの強制セット/リセットも可能です。
  ロボットの現在位置をTCmini経由で取得し、表示します。
 

現在発生中のアラームを表示します。アラームの詳細内容の確認も可能です。

  表示器のアラーム履歴機能を使用して、アラームの履歴を確認できます。
  コントローラに対して「アラームリセット」、「プログラムリセット」、「シグナルリセット」の指示を行うことができます。
  メンテナンス機能として、デバイスモニタ、I/Oモニタ、タイムチャート、接続機器データ転送の画面を用意しています。


本プログラムで動作可能な機種は、GP-4201TW、GP-4301TW、GP-4201T、GP-4301Tになります。
対応可能な作画ソフトはGP-Pro EX Ver. 4.03.000以上になります。
本ファイルの使用に伴い、弊社では保証およびお問い合せには応じかねますので予めご了承ください。



サンプルプログラムファイル、詳しい説明書のPDFファイルをダウンロードできます。

 
このページのトップへ戻る 前のページに戻る
初めての方へ | ご利用上のFAQ | 会員登録内容の確認・変更 | 利用規約 | 個人情報保護について | 商標について | 知的財産権について
Copyright (C) Schneider Electric Japan Holdings Ltd. All Rights Reserved.